スタッフ

代表者:峯崎 友香理
馬   :ミルキー

代表者のプロフィール

・小学2年生の時に初めて馬に乗る
旅行先の小豆島で、初めて馬に乗りました。山あり谷ありのコースを引いていってもらったのですが、楽しくて楽しくて当時は「大冒険」をした気分になっていました。それからいつかは馬に乗って草原を駆けてみたい!と思うようになりました。
小豆島の寒霞渓にて


・大学1年生の時に乗馬を始める
将来は建築士に!という夢を抱いて、奈良女子大学の住居学科に入学。小さい頃から馬にあこがれていたため、馬術部に入りたかったのですが、女子大にはなく、服部緑地の乗馬センターに通い始めました。


・「馬」そのものから「馬との生活」へ
しかし・・・1回生の秋、清里に旅行に行った際に「小須田牧場」に立ち寄ったことがきっかけで、同牧場のファームステイを体験。馬との生活に魅力を感じ、それ以降、長期休暇中はほとんど牧場で過ごしました。(大学は?・・・必要最低限の単位だけはしっかりと)馬と向き合う中で、自分自身と向き合うこととなり、私の生き方に大きな影響を与えました。
草競馬にも出場


・YMCAでの活動
一方で、YMCA(大阪・西)で野外活動のボランティアリーダーとして子どもたちとかかわり、子どもたちから多くのことを学びました。馬にはまっていたため、あまり真面目なリーダーではありませんでしたが、このときの経験が、馬の学校でのキャンプの企画や子どもたちのかかわりの土台となっています。


・子どもたちと馬への関心
大学の4回生の頃、乗馬療法、あるいは障害者乗馬と呼ばれる、障害をもつ人々と馬とのかかわりの存在を知りました。そして、人と馬、特に子どもと馬とのかかわりを考えるとき、乗馬療法の考え方の中に、その本質があるのではないかと感じました。その頃から、馬と子どもたちを結びつける活動がしたいと思うようになりました。


・小須田牧場のスタッフに
学部卒業後は、小須田牧場でスタッフとして働き、より一層深い馬とのかかわりの中で、様々なことを馬たちから教えてもらうこととなりました。特に、馬の調教を通して、馬との信頼関係を築くことの素晴らしさ、難しさ、大切さを学んだことは、その後の馬とのかかわりを教育の分野で取り上げたいと思う一つの原点になっています。
担当馬と外乗へ


・イギリス・ドイツへ
その後、ますます人と馬とのかかわりに関心を抱くようになり、その分野の先進国であるイギリス・ドイツ
に乗馬療法等の研修を受けに行きました。そこで見えてきたことは、実践している人たちの視点の確かさ、そして自分自身の枠組みの弱さでした。


・奈良教育大学大学院へ
帰国後、それまでの経験を生かして、人と馬とのかかわりについて研究を深め、教育の領域の中で生
かす方法を探りたいと考え、大学院に進学しました。修士論文は「乗馬をめぐる教育的考察―『時間と空間の共有』を軸としてー」と題して、馬とのかかわりにおける教育的意味について考察し、2000年3月に大学院を修了しました。この2年間は論文を書き上げると同時に、これまでに自分がやってきたことの意味を問い、これから自分には何ができて、何をすべきなのかを考えるよい機会となりました。


馬の学校を設立
大学院修了後、まずできることからやってみようと、友人と2000年4月から「馬の学校」の活動を始めました。いろいろな人たちとの出会いに支えられ、活動を続けることができています。


・様々な子どもたちと
2000年4月〜2002年3月 奈良YMCAで発達障害児の学習サポートクラスを担当
2005年4月〜2008年3月 大阪YMCA国際専門学校国際高等課程の表現・コミュニケーション学科で
                 情報科および生徒支援を担当
子どもたちから教えられることの方が多く、そのことが馬の学校の活動にもつながっています。


・教育・研究活動
2003年4月〜2008年3月 大阪リハビリテーション専門学校 非常勤講師
2008年4月〜2011年3月 帝京科学大学(生命環境学部アニマルサイエンス学科)助教
2007年4月〜        梅花女子大学(こども心理学部心理学科) 非常勤講師
2011年9月〜2012年3月 名古屋YMCA 非常勤講師
2012年4月〜        帝塚山大学(心理学部) 非常勤講師
様々な形での「教育」に関わる中で、それぞれに得るところがあり互いの仕事に生かし合うことができると感じています。

馬のプロフィール

名前   :ミルキー
生年月日:1999年1月18日
品種   :ハフリンガー
性別   :オス

2010年7月に馬の学校に仲間入りしました。ドイツ生まれで、以前は馬車を曳いていたことがあります。
人懐っこく、少しのことでは驚かない、頼もしいパートナーです。
今は小須田牧場で飼育・管理をお願いしており、ウマキャンプ(特に裸馬体験)で活躍中です。
  

ボランティア

馬の学校の活動は、多くのボランティアさんの活躍によって成り立っています。
馬の学校のプログラムに参加したことのある高校生から大学生、社会人など、様々な立場の人たちが、子どもたちの気持ちに寄り添いつつ、支援をしてくれています。